上部内視鏡検査(胃カメラ)

  1. TOPページ
  2. navigate_next
  3. 診療科目
  4. navigate_next
  5. 上部内視鏡検査(胃カメラ)

上部内視鏡検査

(胃カメラ)

気になる症状があればお気軽にご相談ください。

内視鏡を口や鼻より挿入し、咽喉頭部、食道、胃、十二指腸に病気があるかどうかを観察する検査です。当クリニックでは先端5.8mmの細い経鼻内視鏡を使用しています。胃カメラには、経口内視鏡と経鼻内視鏡の2つの種類があります。従来からある口から挿入するタイプの経口内視鏡と、検査中の苦痛が少ないとされる経鼻内視鏡です。当クリニックではどちらのタイプにも対応しているので、お好みの検査を選択することが可能です。必要に応じて病気が疑わしい部分の粘膜を採取して組織検査を行うこともあります。検査は胃に空気を入れて観察するため、当日はゆったりした服装でお越しください。

胃カメラ 検査の流れ

当日の胃カメラ、緊急の胃カメラ

午前の胃カメラをご予約の方は、当日は朝食を摂取せずにお越しください。水分(水・お茶・スポーツドリンク)は検査1時間前まで飲んで頂いても構いません。

午後の胃カメラをご予約の方は、当日の朝食を検査予定時間の8時間前までに摂取いただきます。食事内容は、いつもの半量程度で消化の良いものを摂取し、それ以降は何も食べずにいらしてください。水分(水・お茶・スポーツドリンク)は検査1時間前まで飲んで頂いても構いません。

1

検査予約

胃カメラを御希望の場合、事前に外来を受診した上で、検査日を決めさせて頂きます。

WEBからの検査予約は行っていませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  • 医師より症状などをお伺いし、検査の説明をさせていただきます。お話を伺う中で、経口内視鏡検査、経鼻内視鏡検査のどちらで検査を行うかを決定していきます。
  • ご希望がある場合は、鎮静剤を使用してリラックスした状態で検査を受けていただくことも可能です。
  • 常用薬がある方は事前に医師へ相談するようにしてください。
  • 義歯の方は検査前に外していただきます。
2

検査前日

検査前日は、消化のよい食事を21時までに済ませてください。水分(水・お茶・スポーツドリンク)は自由に摂っていただいてかまいません。

3

検査当日

  • 心疾患・高血圧など指示のあった薬は必ず検査当日の朝6時頃に飲んで下さい。
  • 朝食は抜いてお越しいただきます。胃の泡を消すためにコップ1杯の水薬を飲んで頂きます。
  • ストレッチャーに横になったら咽頭の麻酔を行い、内視鏡を挿入していきます。鎮静剤を使用する場合は投与してから検査を開始します。検査時間は5-10分程度ですが、精密検査などでは検査時間が長くなることもあります。検査中必要があれば組織検査を行います。

検査注意点
内視鏡検査中は、肩の力を抜いてゆっくり深呼吸してください。検査中に口の中で溜まった唾液は、飲み込まずに口の横から流し出してください。唾液を飲み込んでしまうと気管に入ってむせてしまい、より強い嘔吐反射につながることもあります。

4

検査終了後

検査後は医師から検査結果の詳しい説明、必要であれば投薬、追加検査等の指示があります。組織検査を行った方は後日ご来院の際に病理結果のご説明を致します。

  • 咽頭の麻酔効果が切れるまで、1時間程度は飲食できません。
  • 鎮静剤を使用した方は、30分~1時間ほど回復室でお休みいただきます。検査当日の来院および帰宅後も車やバイク・自転車の運転は終日お控えください。また、ご高齢の方は家族同伴で来院されることをお勧めします。
メニュー