令和4年度仙台市大腸がん検診精密検査につきまして

folder_openお知らせ

令和4年度仙台市大腸がん検診精密検査のお知らせ

大腸がん検診精密検査(大腸カメラ)は指定された登録医療機関で受診することが可能です。南大野田こいけクリニックは登録医療機関となっており、随時受け付けしておりますのでぜひ当院をご利用ください。

【精密検査に該当した場合】

一次検診の便潜血検査で「要精検(検査で陽性)」となった方。検診で「異常あり」という結果を受け取った方は必ず精密検査をお受けください。原因を明らかにするために大腸カメラが必要となります。

【大腸がんと大腸がん検診】

大腸がんは40代から増加し始め高齢になるほど多くなります。最近の統計では、がんの中で罹患数では1位、死亡数では2位と日本人に多いがんとなっています。大腸がんは初期には症状がなく、大腸がん検診の便潜血検査を受けることで早期発見につながります。便潜血検査はがんやポリープなどの病気を簡便的に調べる検査です。病気からの出血は、常に出続けているものではなく間欠的にでます。便潜血検査で陽性が出れば精密検査が必要になります。大腸がん検診を定期的に受けることで、大腸がんの死亡率・罹患率を減少させることができますし、早期発見・早期治療でがんの多くは治すことができます。便潜血検査で異常なし(陰性)であっても大腸がんの可能性もありますので、血便、下痢、腹痛、便の性状や回数が変化したなどの症状があれば、お早めにご相談ください。

当院では大腸カメラ検査中に大腸ポリープ切除をその場で行うことができ、診断から治療まで一連の流れで行うことができます。特に大腸ポリープを切除することで、将来の大腸がん予防につながることが期待されます。

【受診に必要なもの】①大腸がん検診結果通知書、②同封の「返信用封筒」、③健康保険証、④お薬手帳、⑤自己負担金(保険証を使って保険診療となります)

【ご予約】

大腸カメラをご希望の場合、事前診察を頂きます。医師の診察と事前に下剤の処方や検査およびポリープ切除の説明を行い、検査日を決めさせて頂きます。WEBからの直接検査予約は行っておりませんので、大腸カメラをご希望の方は、「事前診察」のご予約をお取りください。

当院では月、火、水、金曜日に検査を行っております。

*大腸カメラ検査の前日・当日の流れは下記を参照ください。

当院の大腸がん検診(大腸カメラ検診)の流れ

前の投稿
令和4年度お盆休みにつきまして

関連記事

メニュー